5S

徹底した整理・整頓・清掃・清潔・しつけの実施

高品質を維持するために

シール、ラベルにおいて、体毛やホコリなどの異物混入、血液や汚れの付着はあってはならないものです。
それらを防止するとともに、日々の作業での安全確保・作業の効率化を目的とした5S活動に力を入れています。
技術だけではない、徹底した5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)が高品質なシール、ラベルを安定して供給する秘訣なのです。

5Sとは何か

5Sとは

5Sとは、
不要なものを捨てること
決められた物を所定の場所に置き、すぐに取り出せる状態にしておくこと
きれいに掃除をしながら、あわせて点検すること
きれいな状態を維持すること
しつけ:決められたルールや手順を正しく守ること
以上、5つのことを言います。整理整頓清掃の管理プロセスを清潔しつけで恒常的にあるべき状態を維持します。

5S活動の事例紹介

社内の清掃と掃除、設備の点検と整備
1.整理、2.清掃
毎朝の清掃と定期的な大掃除、
機械の点検と整備、その記録
防虫の対策
2.清掃、4.清潔
定期的な燻煙(殺虫)、
捕虫機の設置とその記録
防埃・防塵・防血の対策
4.清潔
扉の二重化、カーテンの設置、
入室前の粘着ローラー掛け等
情報の整理と共有
5.しつけ
『製品チェック表』等の記録の共有
 PAGE TOP